上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月9日の正午前
記者:ブログで体調不良だとありましたが?
宇多田:ご心配をかけてごめんなさい。でも全然、大丈夫です。大きな病気があったとか、そういうわけではないんです。えっ、心の中で悪魔と神が戦っている感じですか?みんなそうじゃないですかね?

また緊張のあまり、思わずMRIをMRAと口走った記者に再び大爆笑してくれた。
「MRIですね。受けるぅ(笑)。HIV検査も受ける限りは全部調べてみようと思ったから。拍子抜けしちゃうくらい大丈夫でした」
記者:でもHIV検査って、何か思い当たる悪いことでもあったとか?
宇多田:えぇ、なんですか、悪いことって(笑)。女性自身さん的にお好きに書いて下さい。むしろそんなエイズだったらはっきり言います。ご心配いただくことは何もありません。

直撃取材自体、楽しんでくれたようだ。
そこで冒頭のブログに書きますねという発言が飛び出した。
記者:では来年にかける夢をお聞かせ下さい。
宇多田:夢ですが?ないですね。ていうか昔から、夢なんて生まれつきないですから。うん、そう、ホントに。
記者:来春、お出しになる本にはお母さんやお父さんについても、語られていると新聞に出ていましたが・・・。
宇多田:ええ~。マジ?それ、もう話がでているんですか?もう書き終えました。これって、取材的な感じですか?
記者:はい、取材的な感じです。
宇多田:うわぁ最悪やぁ(爆笑)。ごめんなさい、これから仕事で。もうすれに遅れている的な感じなんですけど・・・
記者:じゃあ、最後にもうひとつだけ、藤圭子さんの近況は?
宇多田:お母さんは大好きですし、連絡もちゃんと取り合ってます。大丈夫、元気ですから。

ブログによれば前日、忘年会があり、直撃時はまだ酔いがさめてなかったとか。
「記念撮影してもらえばよかった(笑)」の言葉に、彼女のユーモアと温かさがあった。
15歳のデビューから10年。25歳の彼女の心意気が爽やかだった。→オルゴール・コレクション宇多田ヒカルVol.2

記事元
女性自身(一部編集)

http://www.u3music.com/message/backnumber/ja/20081209j.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。