上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9日にブログで突然の無期限休止宣言をした宇多田。
その具体的な理由については明かしていない。
本誌は意外な真実をキャッチした。
「1月に彼との破局報道がありましたが、実はまだ交際は続いているようですよ」(音楽関係者)
彼とは8歳年上の画家で、昨年9月に本誌がスクープした人物だ。

宇多田は彼との関係について、自ら知人達もいる飲み会の席で口にしたという。
「彼女は結婚するというわけじゃないけど、真面目に一般人としての付き合いがしたいんですよ。かっこ悪い自分になりたくないと。きっと当時から活動休止について考えていたんでしょうね。ふたりは、お互い決めたことには干渉せずに応援するというスタンス。だから、彼も宇多田の決断を尊重し、見守ってくれるのでしょうね」(音楽関係者)
休止宣言は、苦渋の末の決断だったのであろうと、城下レポーターはこう語る。
「出せば必ずヒットする曲作り、それを毎回当然のように期待される彼女には、想像以上のプレッシャがあったと思います」

昨年には、アメリカデビューをし、アルバム初登場で69位という快挙を達成。
だが、彼女はそれでも、もっと上にいけたはずとショックを受け、荒れることもあったという。
「これまで音楽に関しては、父と二人三脚でやってきました。でもアメリカではうまくいかないことも多かった。ここが一度リセットする時期だったということでしょう。今後は父から自立して、彼女なりのプロデュースを模索する期間であるのかも知れませんね」(別の音楽関係者)

破局報道後の、本誌の取材に彼はこう答えていた。
「僕と一緒にいる前は、ほとんど外に出ていなかったと思いますよ。だから、もっと外の空気を吸った方がいいと言ったんです。おかげで1年の間に彼女は随分と体調がよくなったと思いますよ」
もう一度、ふたりの日々を過ごし、当たり前の生活を取り戻そうとしている宇多田。
プライベートも充実した頃には、復帰があるかも?
アメリカでの失敗が精神を病んでしまって疲れていたのが真相のようですね。

記事元
週刊女性(一部編集)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。