週刊女性

9日にブログで突然の無期限休止宣言をした宇多田。その具体的な理由については明かしていない。本誌は意外な真実をキャッチした。「1月に彼との破局報道がありましたが、実はまだ交際は続いているようですよ」(音楽関係者)彼とは8歳年上の画家で、昨年9月に本誌がスクープした人物だ。宇多田は彼との関係について、自ら知人達もいる飲み会の席で口にしたという。「彼女は結婚するというわけじゃないけど、真面目に一般人としての... 続きを読む

宇多田ヒカルあれこれ

>2000年9月22日(最終回)>宇多田ヒカルの~トレビア~ン・ボヘミア~ン(≧∇≦)ぶぁっはっはっは~>えっと~まぁ~東京ナ~アタシネ~東京かなりいろんな所で暮らしたことあるんだよネ~>まぁ固まってる所も多いけど親が引越しとか好きでサ~ちっちゃい頃~>っとネ~東京の~ちっちゃい頃はあの~小、小学うん幼稚園と小学一年の途中まで>東京いた、いた頃は、麻布とかあの辺に暮らしててサ~>あと有栖川公園とかあの辺の周... 続きを読む

破局してなかった!宇多田ヒカル 日本画家彼氏の父親が大反論!

昨秋、新恋人の存在が発覚した宇多田ヒカル。今年に入ってそのお相手との破局が報じられていたが、一転、新恋人の父親が破局を否定!二人は別れてなんかいない、と証言するのは新恋人の父親だ。「破局はないです。知人に、『こんなことが載っていましたよ』と言われて破局報道を知りました。彼(息子)に確かめてみたら、そんなことは何もないと、彼も答えていました」。なぜ破局説が流れたか?「全く分からないですね。彼女は世界ツ... 続きを読む

対談ダニエルキイス

文藝春秋で「アルジャーノンに花束を」の作者ダニエル・キイスとの対談キイス:ニューヨーク生まれだって、私もそうなんだよ。宇多田:えっ、本当!キイス:ニューヨークのどこですか?宇多田:マンハッタンの真ん中です。キイス:私が生まれたのはブルックリンなんですが、グリニッジビレッジに長いこと住んでいたから、マンハッタンのことはよく知っている。ということは、二人のニューヨーカーが……。宇多田:東京で会ってるのね... 続きを読む

インタビューYahoo!ミュージック3/18,08

「アルバムを作り出すときに、初めから、今までのものよりも素直でスッと聴けるようなものを作りたいと思ってた。音的にも歌詞的にも、あとメッセージ的にも、わりと変なヒネリとかややこしい感じとか難解な感じは避けて、シンプルで素直というのを目標にしてたんだ」「『ぼくはくま』が子どもたちにウケて、広がった感じがうれしくて。あと30代の男性とか今まで私のファンじゃなかった人にも“すごくいい”って言われて、新しいファ... 続きを読む

インタビューYahoo!ミュージック

「ある雑誌がエヴァ特集をやったときに、インタビューを受けたんだけど、それを読んだ庵野さん(総監督の庵野秀明氏)や関係者の人たちが、エヴァのことをそんなにわかってくれてるんだとかこんなに深くまで考えてくれてたんだって思ってくれて、それで私に(テーマソングの依頼が)来たみたい」「曲調やメロディーや歌詞のいろんな面で、エヴァのテーマ曲だからこうしようっていうのが何か所もあったって感じ。だから、宇多田ヒカ... 続きを読む

宇多田ヒカルインタビュー(オリコン

宇多田ヒカルがかつて経験した恋愛が、歌詞の中に刻まれた「HEART STATION」は、別れを決めたあとにもう連絡を取り合えなくても、会えなくなっても、心の電波に思いを乗せて飛ばすことができたら、もしかしたらその思いを彼がキャッチしてくれるかもしれない、という願いが描かれたラブソング。「すごく仲良くしていた大切な人と、ちょっとややこしい事情もあって、もう連絡を取り合わないことにしようってお互いに決めて、別れた... 続きを読む

宇多田ヒカル4年半ぶりの"Utada"で「離婚後の心境暴露?」

宇多田ヒカルが3月14日、"Utada"名義としては4年半ぶりにアルバム『This Is The One』を発表した。日本先行発売と銘打たれた同作は、全曲英語詞による、いわば"洋楽アーティストUtada"の作品。同様の体裁でリリースされた前作『EXODUS』がアメリカでは大コケに終わっただけに、今回のリリースに驚く声も聞こえてくる。「日本では100万枚以上のセールスを記録した『EXODUS』ですが、アメリカでは5万枚程度のセ... 続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。